読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな食べ物について

f:id:zeroline0752zero904:20170212135453j:plain

 

刹那(せつな)

「なあ、時雨」

 

時雨(しぐれ)

「なんですか?」

 

刹那

「お前の好きな食べ物って、一体何なんだ?」

 

時雨

「好きな食べ物——ですか……しいて言うなら、目玉焼き——かなあ」

 

刹那

「目玉焼き!?

 

時雨

「はい、目玉焼き」

 

刹那

「変わってるなあ」

 

時雨

「そうですか?」

 

刹那

「目玉焼きのどんなところが好きなんだ? やっぱ味か?」

 

時雨

「そうですねえ……黄色いところ——かな」

 

刹那

「はあ!? 黄色いところ!? やっぱお前変わってるよ」

 

時雨

「そんなことないですよ」

 

刹那

「いや、そんなことあるね。——ていうか、黄色いところが好きなんだったら、別に目玉焼きじゃなくてもいいんじゃないのか? 例えば、レモンとかさ」

 

時雨

「レモンは……あまり好きじゃないですね」

 

刹那

「へえー、やっぱ味が好きじゃないのか?」

 

時雨

「いや、むしろ味は結構好きですよ」

 

刹那

「え? じゃあ何が嫌なの?」

 

時雨

「……黄色いところ」

 

刹那

「はあ!? どゆこと!?

 

時雨

「ん?」

 

刹那

「いや、だってさ、さっきは『黄色いところが好き』って言ってたじゃん!」

 

時雨

「それは目玉焼きだからですよ」

 

刹那

「え、何が違うの?」

 

時雨

「全然違いますよ——バランスが」

 

刹那

「バランス?」

 

時雨

「そう、バランスです」

 

刹那

「バランスって、何のバランス?」

 

時雨

「決まってるじゃないですか! 色ですよ、色!」

 

刹那

「色!? 色のバランスってこと!?

 

時雨

「はい」

 

刹那

(やっぱ、こいつ、変わってるなあ)

 

「でもさ、黄色いところが好きってなら、むしろレモンの方が黄色いじゃんか」

 

時雨

「だから、そこが好きじゃないんですって」

 

刹那

「はあ!?

 

時雨

「レモンは黄色すぎるんですよ——それに比べ目玉焼きは、黄色と白のあの絶妙なバランス! もう芸術ですよねえ」

 

刹那

「……やっぱ、お前、変わったヤツだな」

 

時雨

「失礼ですね! そういう刹那さんは何が好きなんですか?」

 

刹那

「私か? そりゃ、やっぱりマヨネーズでしょ!」

 

時雨

「マヨネーズ!? え、それって好きな食べ物って言うんですか?」

 

刹那

「何言ってんだよ。マヨネーズは食べ物だろうが」

 

時雨

「いや、まあ、そうですけど……」

 

(人のこと変わってるとか言いながら、刹那さんこそ十分変わってると思うんだけど……)

 

刹那

「何だよ、なんか不満そうだな」

 

時雨

「いや、不満というか——マヨネーズのどこが好きなんですか? やっぱ色ですか?」

 

刹那

「色じゃねーよ! お前と一緒にすんな!」

 

時雨

「てことは、やっぱ味ですか?」

 

刹那

「もちろん! そしてあの食感だな!」

 

時雨

「食感!? マヨネーズに食感とかあります!?

 

刹那

「何言ってんだよ! やっぱ、お前、変わったヤツだなあ」

 

時雨

(いや、そりゃ、あんただろ)

 

刹那

「あのなめらかな口当たり——最高じゃねーか!」

 

時雨

「はあ……」

 

刹那

「まったくアレを発明した人は天才だよなー! なんでマヨネーズって名前にしたんだろなー! ネーミングも神がかってるよ!」

 

時雨

(そりゃ、言い過ぎでしょ……)

 

刹那

「いやー、マヨネーズのある時代に生まれてこれて本当に良かったよ! なあ、時雨! お前もそう思わないか?」

 

時雨

「いや、私は……別に好きでも嫌いでもないんですけど……」

 

刹那

「はあ!? まったく変わったヤツだなあ、マヨネーズの良さがわからないなんて」

 

時雨

「はあ……」

 

(てゆうか、あんたの方が変わってるでしょーが!)